②買取価格5万UP-中古車査定のポイント

車を下取りや買取に出す前には査定基準となる項目やポイントは理解しておきたい所です。

またインターネット上では、よく車一括査定サイトが取り上げられており、
良いことばかり書いてあるので気軽に申し込んでしまいます。

ただし、無知なまま申し込むと、車が高く売れるどころかデメリットばかりが後に残り、満足する車売却が出来なくなります

また、出来る限り項目をチェックして、直せる部分や修正出来る部分に手を加えるとそのまま査定に出すよりも高額な見積もりを貰える事は間違いありません。

 

実際にあなたも愛車の買取や下取りを考えているのなら、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか?

「車を下取りに出したら、査定士ってどんな所を見るの?」
「車買取時、査定に影響するポイントってどんな点?」
「出来るだけ高く売りたいんだけど、どのような方法なのかを知りたい!」

もし上記一つでも当てはまるようでしたら、是非当記事をご覧頂ければ細かい部分まで理解が深まると思います。

下取りにせよ買い取りにせよ自動車の売却となると専門的な部分が多く、素人では分からない部分を査定士に見られる事となる為、いざ見積もりを貰っても言われた通りの価格で納得するしかありません。ですが、少しでも知識があると、交渉の幅も広がりますし、事前に対策する事も出来ますので、是非こちらで知識を深めて下さいね。

 

 

「車を下取りに出したら、査定士ってどんな所を見るの?」

外装:ボディカラー、キズ、汚れ

ボディカラーは査定金額を大きく左右する要素です。人気のある色ほど査定金額が高くなる傾向があります。

ボディのヘコミやキズ、汚れのほか、ランプ類、アンテナの破損なども重要な査定ポイント。カギを差し損ねたときにできた、小さな引っかきキズなども細かくチェックされます。キズひとつつけないよう、大切に乗ってきたつもりでもプロは見逃しません。

高額査定をしてもらいたいからといって、査定直前に車体のキズやヘコミを修理しても、その修理費用は査定額には反映されません。かえって損をしてしまう可能性もあります。

内装:シート、フロアマット

シートやフロアマットをはじめとする内装の汚れは、査定士が目を光らせるポイント。汚れがひどく、交換が必要なレベルと判断されれば、査定金額が大幅に下がってしまう可能性も。タバコやペットのにおいも購入希望者に嫌われるケースが多く、マイナス査定となりがちです。

走行距離

距離については多くを語る必要はないかもしれませんが、当然ながら距離数は多いより少ないほうが断然いいに越したことはありません。ただし参考になるポイントとして、年間平均距離数を見ているとのことでした。

  • 普通自動車:10,000km
  • 軽自動車:8,000km

走行距離数を年式で割り算して出てきた距離数が年間走行距離の平均値。この基準値よりも上回っていればマイナス査定、下回っていればプラス査定になるとのこと!

 

「車買取時、査定に影響するポイントってどんな点?」

査定士がチェックする箇所を一覧にしました。自分の車の状態や装備と照らし合わせてみましょう。

外装 ・ボディ全体の汚れ、キズ、ヘコミ
・ボディカラー
・エアロパーツ
・ナンバープレート
・前後左右のガラス
・サンルーフ、ムーンルーフの動作確認
・ボンネットや天井の状態
・ヘッドライトやテールランプ
・ラジオ、テレビ等のアンテナ類
・ドア、ウインドウの動作確認
内装 ・ルーム全体の汚れ
・喫煙による影響
・シートの状態
・オーディオ類とスピーカー
・カーナビ
・ハンドルやメーター類
・エアバッグ
・トランクスペースの状態
・スペアのタイヤ
・付属の装備品
足回り・下回り ・タイヤやホイールの状態
・車高(サスやショックなど)
・タイヤハウスの状態
・マフラーの状態
・オイルの漏れ、にじみ
・各パーツのキズ、ヘコミ、錆など
エンジン回り ・バッテリーの状態
・エンジンオイルの状態
・修復歴の確認
・エンジンの状態
・改造パーツの有無
・車台番号
その他 ・メーカー、車種
・年式、グレード
・走行距離
・車検証・整備記録簿の内容
・取扱説明書などの書類
・車検の残期間
・キー(スペアキー)やキーレスなどの有無
・純正部品の有無

出来るだけ高く売りたいんだけど、どのような方法なのかを知りたい!

車一括査定サービスを必ず利用する

車を高く売る上では、このポイントが最も重要で、かつ効果的です。

まずは複数の業者で査定見積をとり、あなたのクルマの相場価格を調べてみましょう。

複数に依頼する1番の理由は、店によって査定価格や得意車種が全く違うから。たとえば、「A社では5万円と言われたのに、B社に持っていったら10万円以上になった!」なんてことはよくある話です。

なかには、「古いクルマだから、どこに持っていっても同じだろう」と諦めている人もいますが、そんなことはありません。たとえ日本で人気がなくても、海外に持っていけば充分な需要を見込めるクルマはたくさんあります。

とくに、東南アジアやアフリカといった新興国における日本車の人気は驚くほどに高いです。国内では廃車寸前の多年式・多走行車でも、信じられないような高値で取引されているのが現状なのです。

このような理由から、クルマを高く売りたいのであれば、まずは複数の業者で査定見積を取ることが不可欠です。

とはいっても、わざわざお店まで出向いて査定をするとなると、どんなに頑張っても1日数軒が限度でしょう。これでは、時間もガソリン代もかかってしまい非効率です。

そんなときに便利なのが「中古車一括査定サイト」です。自宅にいながら、複数社の査定見積をカンタンに取ることができます。

 

30秒ほどの入力をするだけで、「A社は70万、B社は67万、C社は52万…」と買取業者が査定額をどんどん提示してくれます。あとは、イチバン高い金額を出した業者に売ればいいだけです。

実際にやってみると分かるのですが、業者によって価格が全然違うのでビックリします。「えっ…本当に?」と目を疑うくらいの差が出ることもあるので、やっておいて損はないでしょう。

また、値上げ交渉をする際も、”複数の業者で査定を済ませていること”が前提になります。無料で使えるサービスなので、気軽に試してみてください。

オススメの一括査定サイトはこちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です